【行政】LOMBY、NEDOの自動配送ロボットを用いたラストワンマイル物流実証実験に採択

LOMBY株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 内山 智晴、以下:LOMBY)は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する、物流拠点や小売店舗などから住宅などへの配送サービス(ラストワンマイル物流)を「遠隔・非対面・非接触」で実現することを目的とした自動配送ロボットの実証実験の実証事業者として採択されました。

2022年4月に「道路交通法の一部を改正する法律」が成立し、2023年4月以降で法案が施行されます。MEDOでは、ラストワンマイル物流でのロボット活用に新たな開発目標を設定し、取り組みを加速します。実証事業者はLOMBYを含め4社で、市街地など全国4カ所の屋外で2024年までの3年間継続して実証実験を実施する予定です。

LOMBYは、広島県広島市への配送ロボットの実装をテーマに2024年までにLOMBY10台以上での商用利用を目標としております。

NEDOのプレスリリースはこちら