【プレスリリース】自動配送ロボットLOMBY、広島県が実施する「サキガケプロジェクト」に採択

LOMBY株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 内山 智晴、以下:LOMBY)は、広島県が実施する広島県内を実証実験フィールドにした「サキガケプロジェクト」に採択されました。

広島県では、コロナ禍で顕在化した社会課題を解決するアイデアの実現に向け、令和2~3年度に実証実験を実施した「D-EGGS PROJECT」(30件)実施しており、その中で社会実装を進めるにあたり障壁となる規制緩和やルールメイクといった課題がある事業に対して、今年度は「サキガケプロジェクト」として支援します。

LOMBYは、令和3年度のD-EGGS PROJECTの一案件として、北広島町役場周辺の町有地/私有地でのLOMBY走行試験を実施しています(詳細はこちらのプレスリリースを参照)。今回のサキガケプロジェクトでは、広島工大キャンパス内およびキャンパス周辺の公道での検証走行を通じて、遠隔操作型ロボットを公道での社会実装を進めるための障壁やルールについて検証を進めます。

広島県のプレスリリースはこちら

サキガケプロジェクトWEBサイトはこちら