【プレスリリース】LOMBY、「遠隔操作配送ロボット」を活用して都立大学内におけるフードデリバリーを行う実証実験を実施

LOMBY株式会社(東京都品川区、以下「当社」)は、6月14日(火)〜17日(金)の期間で東京都立大学キャンパス内でのフードデリバリー実証実験を実施しました。

当実証実験は、ReGACY Innovation Group株式会社(以下「ReGACY社」)が主催する5Gイノベーションを街中実装・事業化を推進するアクセラレータープログラム「GO BEYOND DIMENSIONS TOKYO」(東京都5G技術活用型開発等促進事業の一つ)の取り組みとして、街中実装パートナーの東京都公立大学法人(以下「都立大」)と実施致しました。

期間中、当社で遠隔操作配送ロボットを遠隔操作し、大学内のモニターユーザーが注文した「acorn café」の商品を学内の複数受取りスポットまで配送を行いました。

■本取り組みの背景

国内外の物流ラストマイルでは、通販サイト利用率増加に伴う宅配物取扱量の増加だけでなく、フードデリバリー市場の拡大に伴う配送量も増加しています。一方、日本国内では労働人口は将来的に減少していくことから、増加していく配送量を支える労働力をどのように確保していくかは、大きな課題です。

今回は、広大な面積を持つ大学構内における大学生や大学職員からのフードデリバリーに対するニーズを検証するとともに、リアルタイムでの注文から複数ある受け取りスポットへの配送までをスムーズに実施できるかのオペレーションの確認も含めて、映像データ処理に最適なローカル5G環境下を活用して、実証実験を実施しました。

実証実験について

<概要>


1.     実証実験当日、モニターである都立大の学生・教職員が、特設サイトから商品を注文。
2.     都立大学内カフェ「acorn café」に設置したタブレットに注文内容を通知し、カフェスタッフが、商品をロボットへ預入れ。
3.     遠隔操作ロボットがカフェで商品を受け取り後、遠隔操作にて配達場所となる規定の受取りスポットへロボットが配送。
4.     到着時、注文者のスマートフォンへ到着通知を送付し、注文者は受取りスポットへ向かい、商品を受け取る。

<目的>
今回の実証実験を通じ、大学内におけるフードデリバリーニーズの検証、ローカル5G下での遠隔操作走行の通信環境チェック、遠隔操作ロボットの走行性能の確認、リアルタイムでの注文・複数受取りスポットへの配送におけるオペレーション確認などが、本取り組みの実施目的です。

<実験詳細>
日時:2022年6月14日(火)〜17日(金)10:00~15:00
場所:都立大学内カフェ「acorn café」 〜 各棟玄関前、屋外ベンチ等(事前に設定した所定の受取スポット)
モニター:教職員、学生(学内にて注文できる人のみ)

<当日の様子>

■ 「GO BEYOND DIMENS[宮下1] IONS TOKYO」プログラム概要
名称    : GO BEYOND DIMENSIONS TOKYO
実施期間    : 2021年11月10日(水)~2024年3月末(予定)
特設サイト :https://5g-beyond-dimensions.tokyo/

■ 東京都「5G技術活用型開発等促進事業」の事業概要
東京都では、持続可能な新しい社会の実現を目指し、スタートアップ企業等による新しい日常に寄与するような5G 技術を活用したイノベーションの創出や新たなビジネスの確立を促進するための仕組みとして「5G技術活用型開発等促進事業/Tokyo 5G Boosters Project」を実施しています。スタートアップ企業を支援する事業者として東京都より採択された開発プロモーターが、選定したスタートアップ企業に対して東京都、通信事業者等と連携・協働を図り、スタートアップ企業等の5G技術に関連するサービスなどの開発・事業化を資金的、技術的な側面からのサポート、マッチング支援等ネットワーク面の支援を行うことで、非接触型社会や Society5.0 の実現等を目的としていきます。

ReGACY Innovation Group株式会社のプレスリリースはこちら